Ubuntu 16.04 LTSで、ネット接続が頻繁に切れる

Ubuntu 16.04 LTSで、BUFFALO WI-U3-866D を使えるようにしたのは良いけども、ネット接続が頻繁に切れ、WiFiを再接続する必要性が出るようになってしまいました。
有線接続にしても、切れるのは変わりません。

よく見ると既に接続された通信は切断されず、新しくgoogle.comとかにアクセスしようとすると繋がらないので、名前解決に失敗しているようです。

上記サイトを参考に、/etc/network/interfacesdns-nameserversを追加して接続が切れないようになりました。

    $ sudo vi /etc/network/interfaces
    dns-nameservers 8.8.8.8

また、pingで名前解決されるように、/etc/nsswitch.confのhosts:行にある、[NOTFOUND=return]を削除します。

    $ sudo vi /etc/nsswitch.conf

    # hosts:          files [NOTFOUND=return] dns
    hosts: files dns
参考にしたウェブサイト

Ubuntu 16.04 LTS でFirefoxのロケーションバーにフォーカスした際、URLを全選択する

KeySnailで以下のコマンドを使い、ロケーションバーにフォーカスするとURLが全選択されない。

function (ev, arg) {
    var urb = document.getElementById("urlbar");
    if (ev.target === urb) {
        urb.blur();
        gBrowser.focus();
        content.focus();
    } else { ! document.getElementById("urlbar").hidden && urb.focus();
    }
}

browser.urlbar.clickSelectsAll

をTrueにすることで、全選択されるようになりました。

参考にしたウェブサイト

Ubuntu 16.04 LTSで、BUFFALO WI-U3-866D を使う

ドライバのインストール

BUFFALO WI-U3-866D のチップセットは rtl8812au
github には
https://github.com/abperiasamy/rtl8812AU_8821AU_linux.git
https://github.com/gnab/rtl8812au.git
の2つがありますが、今回はrtl8812au.gitのほうを使わせて頂きました。

以下、必要時は sudo(substitute user) で root権限で実行です。


apt-get で git を使えるようにし、git cloneでドライバのコードを取得。

$ sudo apt-get install linux-headers-generic build-essential git

$ git clone https://github.com/gnab/rtl8812au.git

make でドライバをビルド。

$ cd rtl8812au

$ make

ビルドしたドライバをインストール。

$ sudo make install

$ sudo modprobe 8812au

lsmod でモジュールの一覧を表示、8812auがロードされたか確認する。

$ lsmod

 

起動時に自動で WI-U3-866D がロードされるようにする

起動時にロードするカーネルモジュールは /etc/modules-load.d/ 下に (モジュール名).conf を設定することで追加できる。

    $ cd /etc/modules-load.d/
    vi 8812au.conf
    
    # 8812auをロード
    8812au

WI-U3-866Dのモジュールは8812auなので8812au.confを作り、ロードするモジュールの名前を記述します。

以上で起動時に自動でWI-U3-866Dがロードされるようになりました。

続き
Ubuntu16.04 LTSで、ネット接続が頻繁に切れる

参考にしたウェブサイト

ドライバのインストール:

モジュールのロード

 

KeySnailで全てのタブのURLとタイトルをクリップボードにコピー

key.setViewKey(['u', 'a'], function (ev, arg) {
var tabs = gBrowser.mTabContainer;
var txt = ""; for( var i = 0; i < tabs.itemCount; i++ ) { var tab = tabs.childNodes[i]; var title = tab.label; var uri = tab.linkedBrowser.contentWindow.location.href; var txt = txt + title + " " + uri + "\n"; } const CLIPBOARD = Components.classes['@mozilla.org/widget/clipboardhelper;1'].getService(Components.interfaces.nsIClipboardHelper); CLIPBOARD.copyString(txt); }, '全てのタブをテキスト化', true);

PPcを一体化1画面・2画面ファイラとして使う #PPx

PPcの起動時に頻繁にフリーズするようになってしまったのですが、それ以来、PPcは一体化して利用しています。

基本は1画面ファイラとして、

f:id:k9q:20140629171954p:plain

ファイル移動やコピー時は、タブを増やして2画面ファイラとして、

f:id:k9q:20140629172029p:plain

f:id:k9q:20140629172038p:plain

*pairrate [L|R][+|-]移動量|比率 2枚の窓の幅/丈の比率を変更

ペアとなっている一組の連動窓/一体化窓の幅などの比率を変更します。
横に並んでいるときは幅、縦に並んでいるときは丈が変化します。

例)*pairrate +10  現在窓の大きさを10文字分広くします。
例)*pairrate 70  現在窓と反対窓の大きさの比率を70:30にします。
例)*pairrate L-20  左/上側窓の大きさを20文字分狭くします。
例)*pairrate R30  左/上側窓と右/下側窓の比率を70:30にします。
PPx help

*pairrate というコマンドで、一体化窓の幅比率を変更できるので、アクティブな側が67%になるように調整しています。

#Firefox 29 Australis用のuserChrome.css

左上のFirefoxボタンが消えた以外は、Australis以前と、ほぼ同様のUIに出来ました。Classic Theme Restorerは未導入です。

f:id:k9q:20140512012117p:plain

Australis: UXメニューボタン非表示

Australisで導入された [≡] のメニューボタンを非表示。

#PanelUI-menu-button{
	visibility: collapse !important;
}

Australis:デフォルトファビコン表示

Australisから表示されなくなったタブ上のデフォルトファビコンを常に表示します

.tabbrowser-tab:not([pinned]) .tab-icon-image:not([src]) {
	display: block!important;
}
.tabbrowser-tab[busy]:not([pinned]) .tab-icon-image:not([src]) {
	display: none!important;
}

Australis: progresss時のアニメーションを灰色に

読み込み中アイコンを緑色から灰色に変更します

.tab-throbber[progress]{
	list-style-image: url(chrome://browser/skin/tabbrowser/connecting.png)!important;
}

Australis: url addon bar の背景を透過

ChromeStatusbarModoki.uc.jsurl-addon-barでロケーションバーにアドオンバーのボタンを組み込んだときに、表示が崩れるのをなおします

statusbar ,statusbar * {
	-moz-appearance: -moz-win-glass !important;
	border: 0 !important;
	background-color: transparent!important;
}

Australis: 戻る 進む ボタンを小さく

Australisからロケーションバーと結合するようになった戻る、進むボタンの見た目をAustralis以前と同じ大きさにします

※ナビゲーションバーの高さによってサイズが変わるかも知れません、paddingとmarginに応じて変化するので、そのときは調整してみてください

#nav-bar #back-button > .toolbarbutton-icon,
#nav-bar #forward-button > .toolbarbutton-icon{
-moz-appearance: none !important;
border: 0px solid transparent !important;
box-shadow: none !important;
background: none !important;
}

#navigator-toolbox #nav-bar #back-button > .toolbarbutton-icon{
padding: 3px !important;
margin-top: 5px !important;
}

#navigator-toolbox #nav-bar #forward-button > .toolbarbutton-icon{
margin-top: 4px !important;
}

#nav-bar #back-button {
-moz-padding-start:0px!important;
}

Australis: タブバー高さ調整 & 丸タブをやめる

タブバーを細くして、Google Chrome風の丸タブをやめる

#tabbrowser-tabs,
.tab-background-start[selected=true]::after,
.tab-background-start[selected=true]::before,
.tab-background-start,
.tab-background-end,
.tab-background-end[selected=true]::after,
.tab-background-end[selected=true]::before {
min-height: 22px !important;
-moz-appearance:-moz-win-borderless-glass !important;
background: transparent !important;
}

#TabsToolbar .tab-background {
background: transparent !important;
}
#TabsToolbar .tab-background-start, #TabsToolbar .tab-background-end {
visibility: hidden !important;
box-shadow: none !important;
}
#TabsToolbar .tab-background-middle {
background: none !important;
}
.tabbrowser-tab:hover:not([selected]) {
border: 0 !important;
background-color: rgba(255, 255, 255, .8) !important;
box-shadow: none !important;
}
.tabbrowser-tab[selected] {
font-weight: bold;
background-color: rgba(255, 255, 255, .8) !important;
}

Australis: ナビゲーションバーアイコンの左右のスペースを狭く

(14/5/7追記) ナビゲーションバーアイコンの幅が広くなったので、左右のスペースを狭くします。

#nav-bar .toolbarbutton-1 > .toolbarbutton-icon
,#nav-bar .toolbarbutton-1 > .toolbarbutton-text
,#nav-bar .toolbarbutton-1 > .toolbarbutton-badge-container
,#nav-bar .toolbarbutton-1 > .toolbarbutton-menubutton-button > .toolbarbutton-icon
,#nav-bar .toolbarbutton-1 > .toolbarbutton-menubutton-dropmarker > .dropmarker-icon
,window:not([chromehidden~="toolbar"]) #urlbar-container > .toolbarbutton-1:-moz-any([disabled],:not([open]):not([disabled]):not(:active)) > .toolbarbutton-icon
{
	padding-left:2px !important;
	padding-right:2px !important;
}

#nav-bar .toolbarbutton-1[type=menu]:not(#back-button):not(#forward-button):not(#feed-button):not(#social-provider-button):not(#PanelUI-menu-button) > .toolbarbutton-icon
,#nav-bar .toolbarbutton-1[type=menu] > .toolbarbutton-text{
	-moz-padding-end:10px !important;
}
#nav-bar .toolbarbutton-1 > .toolbarbutton-menu-dropmarker{
	-moz-margin-start:-10px !important;
	-moz-margin-end:-5px !important;
}

userChrome.css

あとはAustralis以前から使用しているuserChrome.cssを変更せずに利用できました

/* AddON  ---------------------------------------------------------------------------------------- */

	/* 右クリックメニューにAdblockPlusに追加を表示しない */
	menuseparator[id="Adblock"]
	,menuitem[label^="Adblock"]{
		display: none !important;
	}

	/* All-in-One SidebarのトグルボタンにAeroを適用する */
	#aios-toggle-button:hover{
		-moz-appearance:none !important;
		background-color:rgba(233,233,0,1) !important;
		border:2px rgba(213,213,0,1) solid !important;
	}
	#aios-toggle-toolbox
	,#aios-toggle-toolbar
	,#aios-toggle-button{
		-moz-appearance:-moz-win-glass !important;
		background-color:transparent !important;
		border:none !important;
		width:6px !important;
	}

/* Addonbarを上に -------------------------------------------------------------------------------- */
	#addon-bar{
		-moz-box-ordinal-group:1 !important;
	}
	#browser-bottombox{
		-moz-box-ordinal-group:2 !important;
	}
	#browser{
		-moz-box-ordinal-group:3 !important;
	}
	findbar{
		-moz-box-ordinal-group: 0 !important;
		margin-top: -1px !important;
		transition: none !important;
	}
/* メインウィンドウ ------------------------------------------------------------------------------ */
	/* blankページの背景色 */
	#main-window:not([onclose^="PrintUtils"]) #content browser:not([src]){
		background-color:ActiveBorder !important;
	}
	/* タイトルバー・メインウィンドウにAero適用 */
	#TabsToolbar
	,#PersonalToolbar{
		-moz-appearance:-moz-win-glass !important;
	}
	#main-window[inFullscreen="true"]{
		-moz-appearance:-moz-win-borderless-glass !important;
		background:none !important;
	}
	/* サイドパネルでペルソナの画像が途切れないようにする */
	#main-window{
		background-repeat:repeat !important;
	}
	/* タブバーの下の境界線を目立たなくする */
	#navigator-toolbox::after{
		background:transparent !important;
		height:0 !important;
		border:none !important;
	}
	/* ブラウザの境界線を表示しない */
	#browser-topbox
	,#browser-bottombox{
		border:none !important;
	}
	.sidebar-placesTree
	,#browser-border-start
	,#browser-border-end{
		display:none !important;
	}
	#appcontent{
		-moz-appearance:none !important;
	}
	#sidebar-splitter{
		background-color:transparent !important;
		border:none !important;
	}
/* IME-MODE -------------------------------------------------------------------------------------- */
	/* URLバーでIMEをオフ、検索とサーチバーでオン*/
	#urlbar *|input{
		ime-mode:inactive !important;
	}
	/*
	#searchbar *|input,findbar *|input{
	ime-mode:active !important;
	}
	*/
/* ロケーションバー / 検索バー ------------------------------------------------------------------ */
	/* URLバー、サーチバー、オートコンプリートのフォントを変更 */
	#urlbar
	,.searchbar-textbox
	,#mainPopupSet
	,#PopupAutoCompleteRichResult{
		font-size:13px !important;
		background:-moz-linear-gradient(rgba(232,232,232,0.66),rgba(255,255,255,0.9235)) !important;
		box-shadow:2px 2px 2px rgba(30,20,50,0.47) inset;
	}
	/* オートコンプリートのテキスト */
	.ac{
		background-color:#e8efe2 !important;
	}
	.ac-comment{
		font-size:1em !important;color:#444444 !important;
	}
	.ac-url-text{
		font-size:1em !important;color:#000077 !important;
	}
	.ac-comment[selected="true"]{
		color:#FFFFFF !important;
	}
	.ac-url-text[selected="true"]{
		color:#FFFFFF !important;
	}
/* タブとナビゲーションバーを細く --------------------------------------------------------------- */
	/* Aero表示時のタブ一体化型タイトルバーの細さ */
	window[sizemode="maximized"] #tabbrowser-tabs{
		margin-top:2px !important;
	}
	window[sizemode="normal"] #tabbrowser-tabs{
		margin-top:2px !important;
	}
	*/
	/* 非選択タブのテキスト */
	.tab-text:not([selected="true"]){
		color:rgba(36,36,46,0.8) !important;
	}
	/* 選択タブのテキスト */
	.tabbrowser-tab[selected]{
		font-weight:normal !important;
		text-shadow:#787878 1px 1px 4px !important;
	}
	.tab-text.tab-label{
		margin-top:-2px !important;
	}
	.tab-icon-image{
		margin-top:-1px !important;
	}
	/* ナビゲーションバーを細く */
	#nav-bar{
		height:21px !important;
		max-height:21px !important;
		min-height:21px !important;
		padding:0 0 0 0 !important;
		margin:0 0 0 0 !important;
	}
	/* URLバーの本体を細く */
	#urlbar-container{
		height:25px !important;
		max-height:25px !important;
		min-height:25px !important;
		margin-top:-2px !important;
	}
	/* URLバー、サーチバー入力欄の角を丸く */
	textbox#urlbar,textbox.searchbar-textbox{
		border-radius:8px !important;
		border-top:0 !important;
		border-bottom:0 !important;
		border-left:1px solid #888 !important;
		border-right:1px solid #a0a0a0 !important;
	}
	/* サーチバーの入力欄を細く */
	textbox.searchbar-textbox{
		height:21px !important;
		max-height:21px !important;
		min-height:21px !important;
		margin-top:-1px !important;
	}
	/* URLバー、サーチバー入力欄にフォーカスがあるとき、色を変える */
	textbox[focused="true"]#urlbar
	,textbox[focused="true"].searchbar-textbox{
		background:-moz-linear-gradient(rgba(255,255,255,0.66),rgba(255,255,255,0.98)) !important;
		box-shadow:2px 2px 2px rgba(0,0,50,0.38) inset !important;
		border-left:1px solid #8a8a8a !important;
	}
	/* ナビゲーションバーに配置したボタン、ブックマークツールバーの項目の位置を調整する */
	#nav-bar .toolbarbutton-1
	,#PlacesToolbarItems{
		margin-top:-4px !important;
		padding:0 !important;
	}
	/* [▼] */
	#PlacesChevron
	,#nav-bar>#personal-bookmarks>.toolbarbutton-menu-dropmarker
	,#nav-bar>#abp-toolbarbutton>.toolbarbutton-menu-dropmarker
	/*  ,#nav-bar>#dta-button>.toolbarbutton-menubutton-dropmarker */
	/*  ,.urlbar-history-dropmarker */
	{
		display:none !important;
	}

困っていること

Australisからアドオンバーが消失したのですが、それに伴ってKeySnailのプロンプトを上に配置する方法が不明に

f:id:k9q:20140501110923p:plain

※#browser-bottomboxの、-moz-box-ordinal-groupを0にすると、タブバーの上に表示されてしまう

参考

Firefox新デザイン「Australis」に備える(2) | 10press

#PPx 一体化PPcでログのクリア

ログのクリア(&L)    = *logwindow focus %: %k"^A BS" %: *pptray -c *selectppx C

*logwindow focus でログ窓にフォーカスを移して、キー入力エミュレートで全て選択(Ctrl+A)、BackSpaceしてるだけ。

PPcにフォーカスを戻すとき、PPTrayを経由させないとフォーカスを戻したPPc上でキー入力エミュレートされてしまう。