PPcからfenrirを呼び出すときに窓の真ん中に動かすのが楽になった #PPx

Paper Plane xUI Window Module が更新されてました。

●変更点
R5→R6
・*fitwindow で移動する位置を増やした
・%*windowrect([window id],type) を追加した
TORO's Software library(Win32/Win64 PPx)

今まではfenrirを呼び出すときに、スクリプトを使ってPPc窓の真ん中あたりに移動させてたのが、*fitwindowだけで出来るようになった。

だいたいこんな感じ。fenrirをそのまま起動したら実行ディレクトリがfenrir.exeがあるところにならずスキャンを開始しますとか出たので、*start -launch から呼ばないとだめみたい。

%*findwindowclass("window class name")はPaper Plane xUI  Message Moduleの導入が必要です。

KC_main    = {	; PPcメイン窓
 F    ,*start -launch C:\misc\tools\fenrir075c\fenrir.exe %: *fitwindow %NC,%*findwindowclass("fenrirMainWindow"),20
}

f:id:k9q:20130419034946p:plain