#PPx Everythingと連携

Paper Plane xUI  Everything Search Moduleを使ってPPcからEverything検索をしてたのだけど、「.mp3」など大量にファイルが列挙されるケースだと一つ一つのファイルを読み込む必要があるのか重い。HDDもガリガリ言うし。

Everything本体での列挙では、そういったことがないので、PPC上から直接Everythingで検索しようと思った。

なんとなくEverythingのオプションを見ていたら、検索欄でエントリを実行する際に、どのアプリで開くか変更できることに気付いた。

f:id:k9q:20130523103056p:plain

開く(フォルダ)
$exec("C:\Program Files\PPx\PPCW.EXE" -r "%1")
開く(ファイル)
$exec("C:\Program Files\PPx\PPCW.EXE" -r "%1" -k %k"@ENTER")

ENTERで直接PPcにフォルダを開いたり、PPc上でENTERをしたときと同じ動作になるように。

あと、PPCから直接検索。コマンドラインオプションは -s-search でした。

KC_main {
W	,%"Everything""#42:\Everything\Everything.exe" -s "%E"
\W ,*whereis ,%"PPXETS64"%E,,,,,,5 }
  • W Everything本体で検索
  • Shift+W Paper Plane xUI  Everything Search Moduleで検索
  • Ctrl+W 通常検索

追記

画像やテキストを見るときに Everything→PPc→PPv と経由するのが手間だったので、Everythingから直接PPvで見れるようにする。MassiGraなどの画像ビューワで開かないのは、EverythingはPPxの一部として使いたいから。

E_evでファイル判別して、PPvで見たいファイルだった場合は、そのままPPvで開きます。それ以外のファイルは、PPcでカーソルを合わせた状態でフォルダを開く。PPcはバックグラウンド。

音楽ファイルなども、直接プレイヤーに送るほうがいいかな。スクリプトに引数を付けてファイルパスを送れば、ひとつのスクリプトで動作を分岐出来る事に気付いたので色々使えそう。

開く(ファイル)
$exec("C:\Program Files\PPx\PPCW.EXE" -r -noactive -k *jumppath "%1" /entry %: %ME_Everything)
E_Everything    = {
:BMP	,*script %0s\Everything.js,V,%FDC
:PNG	,*script %0s\Everything.js,V,%FDC
:GIF	,*script %0s\Everything.js,V,%FDC
:JPG	,*script %0s\Everything.js,V,%FDC
:JPEG	,*script %0s\Everything.js,V,%FDC
:XCFG	,*script %0s\Everything.js,V,%FDC
DOC	,*script %0s\Everything.js,V,%FDC
TXT	,*script %0s\Everything.js,V,%FDC
*	,*script %0s\Everything.js,C,%FDC
}
==Everything.js==
//!*script var path = PPx.Arguments.item(1); switch(PPx.Arguments.item(0)) { case "V": PPx.Execute('%Oi *ppc -r -noactive "' + path + '"'); PPx.Execute('%Oi *ppv -bootid:A -r %FDC'); PPx.Execute('*execute VA,*windowposition %NVA,550,144'); PPx.Execute('*execute VA,*windowsize %NVA,730,880'); break; case "C": PPx.Execute('%Oi *ppc -r -k *shownormal'); PPx.Execute('*focus Everything'); break; }
参考

PPxのWhere is file ?を使ってみる-Everything編 - つかさのほえほえ日記