読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

fenrirの設定

Paper Plane xUI オンラインソフト

fenrirに、「検索結果にディレクトリだけを表示」という設定があることに今更気付いた。

A_exec    = {
t    = C:\misc\tools\
fenrir    = *cd %'t'fenrir%:%Oi C:\misc\tools\fenrir\fenrir.exe
}
KC_main = {
F    ,fenrir /key=;%:*fitwindow %NC,%*findwindowclass("fenrirMainWindow"),20
}

今更だけど、fenrirのコマンドラインオプションに/key=;を付与して、PPc上から呼び出したときは、先頭に ; を入力した状態(検索結果にディレクトリだけを表示)にする。

例によって、*cd "fenrirディレクトリ"は、fenrirが設定ファイルなどを読みこんでくれるように作業ディレクトリをfenrirディレクトリに変更。

%:以降は、fenrirウィンドウをPPc窓の真ん中に表示するためのカスタマイズ。PPXMES.DLLPPXWIN.DLLが必要。

ついでに、cmdinstant.iniも弄る。

==cmd\0enter.txt==
[.***;
PPc|"C:\Program Files\PPx\PPCW.EXE" -r "%P"
]
==cmd\2enter.txt==
[.\\\;
PPc|"C:\Program Files\PPx\PPCW.EXE" "%P"
]
[.???;
ShellExecute|"%P"
]
==cmd\2c.txt==
[.***;
CopyPath|%W\clip.exe %P
]/pre>
==cmd\2x.txt==
[.exe;
ShellExecute|"%P"
]
==cmd\2k.txt==
[.exe;
TASKKILL| TASKKILL /IM %F
]
==cmd\1k.txt==
[.exe;
TASKKILL| TASKKILL /F /IM %F
]

単純なENTERは全てPPcで開く(exeとかも親フォルダを開いてくれる)ようにしているので、ファイル実行はCtrl+Enterと、Ctrl+Xに割り当て。2つ割り当てたのは、ENTERまで指を伸ばすのが面倒なとき用。

Ctrl+Cは、パスのコピー。fenrirのomake.zipにある「起動時に引数として渡された文字列をクリップボードに格納する」アプリを利用。

あと、Ctrl+Kと、Alt+KでTASKKILL。Alt+Kのほうは強制終了。

v補完VLC.exeが出てくるAlt+Kで強制終了…といった流れで利用してます。ファイル名はだいたい暗記してるし(fenrirを使ってるなら当然か)タスクマネージャー代替物の専用ソフトを入れずとも、fenrir+TASKKILLだけで十分だった。

instant.ini
/s=scan.bat
/r=restart.bat
/k=taskkill /im %A.exe
/kf=taskkill /f /im %A.exe
==scan.bat==
fenrir.exe /key=/x
fenrirScan.exe
START fenrir.exe
==restart.bat==
fenrir.exe /key=/x
START fenrir.exe

/sでfenrirScan、/rでリスタート。/k、/kfはTASKKILL。

あと、検索エンジンを色々入れてますが、この記事と同じなので割愛しました。