Ubuntu 16.04 LTSで、chkconfigが使えない。

導入したoracle-xeの自動実行を止めるためにchkconfigを使おうとしたら、Permission deniedと出て使えない。

自動サービス実行の設定は、ランレベルごとに/etc/rc[0-6].d/以下に、/etc/init.d/にあるサービス実行スクリプトへのシンボリックリンクが貼られています。

これをchkconfigで弄れるようだけど、参考サイトによるとUbuntuではchkconfigが使えません。

代用として、sysv-rc-confというものが用意されているので、りようしました。

使い方は、chkconfigと一緒のようです

$ sudo apt-get install sysv-rc-conf

自動実行されるサービスを一覧表示

$ sudo sysv-rc-conf -list

Oracle-xeを全てのランレベルで自動実行off

$ sudo sysv-rc-conf oracle-xe off

参考にしたウェブサイト